http://camp-fire.jp/projects/view/50335?token=2f7i4ha7
2018/06/25

余命ブログ、いよいよ反訴開始か?懲戒請求された弁護士、震えてるんか?ww

走る小
 まーたすごいニュースが飛び込んできましたね。Business Journal「北朝鮮・金正恩の親戚、最高幹部が米国へ亡命で捕獲作戦か…重要機密情報を米国に提供か」。金正恩の親戚がアメリカに亡命したらしい。お互いの曾祖父が同じという親戚関係らしい。かなりヤバそうですね。米朝会談からもうすぐ2週間経つのに、まだポンペオさんと刈り上げ君は会談してないですね。先週は、「制裁はまだ1年は続く」とトランプさんがゆうたとか。金正恩、「非核化」はウソやったんか?それとも何とかごまかせると思てるんやろか。まあでも日朝会談はあとは時間の問題、一つづつ確認しながら絶対に妥協せんと進めるだけ、というのは、今日の鍛冶俊樹さんのメルマガにも書かれてますね。

 そして平和やとみんなが思てる日本。余命ブログでいよいよまた動きが始まります。前にも何べんか書きましたが、弁護士の懲戒請求に関する動きです。「朝鮮学校への補助金の支給をやめるな」という意味の弁護士会の声明を出し続けてる弁護士会(正確には日弁連と各地の弁護士会)に対して、それはおかしい、という意思表示として一般の人たちが何人かの弁護士に対して「懲戒請求」をしました、と。ある弁護士には1000通以上の懲戒請求が届いたので、それは「業務妨害」や、精神的苦痛を受けたから「損害賠償請求」をする、という趣旨で記者会見まで開きました。

 それに対して、「懲戒請求」は正当な国民の権利、そもそもその懲戒をもとに裁判を起こすという記者会見は恫喝そのものやし、和解を勧めるために懲戒請求者の連絡先をなんで個別の弁護士が知っててすでに和解勧告書なんかを送りつけてるんや、ということで、ついに「反訴」が始まるらしいです。「大量の懲戒請求」というけれど、それだけ多数の人が「これはおかしい」と考えて懲戒に参加したわけで、業務妨害とか言うんやったら先に弁護士会に言えよ、という話です。

 普通に考えて、弁護士が一般の人に訴訟をちらつかせて和解金を払えば許したる、なんて、ただの恫喝やんか、と思いますね。悪徳弁護士そのものですね。で、今日の余命ブログではいよいよ、な感じが記されてます。
 <近い将来、外患誘致罪が適用される事態になった時に、いろいろとわかるだろう。・・・(略)・・・この事件のめどが立ち、近々、たぶん今月中には芋づる的摘発が予想されることから、前代未聞のお祭りとなりそうだ。>
 え?摘発って??逮捕される人が出てくるんか?いやあ、いよいよ佳境に入りそうな感じですね。ますます目が離せません。
日本のあちこちに入り込んでる反日の朝鮮人を炙り出して反撃しよう!と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング
2018/06/23

映画『万引き家族』と『焼肉ドラゴン』、観ようかな?

指差し小
 私は昔は左翼チックやったんです。反体制とか反権力とか、巨大な権威に対抗して、たとえ一人でも闘う、みたいなんがスゴいカッコええような気がしてたんですね。そもそも権力というのは腐敗してるんや、と。まあ権力は腐敗するのはどこでも同じですけど、この年になると、組織も腐敗するもんやというのはようわかります。まあそれで一人悦に入っていれば無害なんでしょうけど、そこにつけ込まれて実は外国の勢力が日本を侵してきてるということに、ようやくこの4~5年前から気付き始めたわけです。

 大阪には在日の人がたくさんいてはりますし、私の周りに知り合いもいて個人的には親しみもあります。せやけど、あそこには近づいたらあかん、みたいな場所があったんも事実です。で、今日は先日、カンヌ国際映画祭で最高賞(パルムドール)を獲った是枝裕和監督の『万引き家族』の話から。私はまだ観てませんので、観てから書こうと思いましたが、前評判でかなりがっかりしてしもたんで、観もせんとめっちゃ失礼なんはわかってますけど、ちょっとだけ書きます。そもそも貧困家庭やねんから万引きせな生活がでけへん、ということを前提に物語が作られてることに愕然です。なんぼ家庭の中の情愛が美しく描かれてても、前提がまるで興ざめなんとちゃいますか?

 そしたら何と、昨日22日から『焼肉ドラゴン』という映画の全国ロードショウが始まりました。ネットであらすじを読んでみました(ネタバレ注意)。第二次世界大戦で左腕を失った金龍吉(キム・ヨンギル)と、四・三事件で故郷の韓国・済州島を追われて来日した高英順(コ・ヨンスン)が日本で出会って結婚してからの物語です。もともと舞台で高い評価を獲得した話の映画化なんやそうです。

 四・三事件というのは戦後、済州島で左右の対立があったところに1948年4月3日、済州島で島民が武装蜂起したのが始まりです。島内では凄惨な朝鮮人同士の戦いや虐殺事件が長く続き、その間に多くの島民が日本に密入国して逃げて来たので、それが今の在日韓国・朝鮮人になったということです。あらすじに戻ると、この主人公の夫婦は国有地を不法占拠した関西の集落で、焼肉店「焼肉ドラゴン」を開業しましたと。ある時、焼肉ドラゴンは国から立ち退きを命じられましたと。それから夫婦のそれぞれの連れ子がそれぞれ離婚や不倫や再婚やら、いっぱいあって、ついにお店が取り壊され、家族はみんなバラバラになってしまう、、、という話です。

 たしかに在日の人たちはいろいろ大変やったんやなあと言うのは、個人的にはようわかります。せやけど、大変やったから在日には特権があってあたりまえ、という話にはならへんと思いますね。あ、この映画がそれを主張してるのかどうかは知りませんよ。まだ観てませんし。

大変やからとゆうて、特権があってええわけやない、と思う人は(思わなくてもw)クリック!⇒
人気ブログランキング
2018/06/22

しんぶん赤旗を配ってる共産党員の皆さん、そろそろ覚醒したら?

走る小
 今日の産経新聞(大阪版)で、共産党の話が出ていますね。「平成30年史 第10部 政界再編」。昔の私は左翼チックやったし、子供の頃なんかいわゆる判官びいきで、いつも強い自民党に対して「革新系」と呼ばれてた社会党や共産党が選挙でちょっとでも増えたら、「よーし」なんて、無邪気に思うてました。マスゴミの思うつぼやったんでしょうね。そんな「革新」側の共産党、いかにえげつない党やったかは最近いっぱい知りました。もっと昔は暴力的なこともやってましたからね。

 で、今日の記事です。
 <「人権抑圧と侵略戦争を推進 天皇が死去」/「新元号『平成』の使用を国民に強制するな」/1989年1月8日、すなわち昭和天皇が崩御された翌日の共産党機関紙「赤旗」(現しんぶん赤旗)の1面には、こんな見出しと記事が並んだ。>
 <非難は連日続き、10日付では議長の宮本顕治がインタビュー形式で登場。「日本歴史上最大の惨禍もたらした人物」と罵り、「民主主義日本のためには、天皇制という合理的でない制度をなくさなければなりません」と明確に訴えた。>

 ほほう、でもこの記事の時、私はもう大人やったけど、赤旗は読んでへんかったから知らんかったわ。今、これ言うたらとんでもないことになってるやろうなあ。最近、共産党は擦り寄ろうとしてるからな。記事にもありますけど、もともと共産党は、天皇陛下がご臨席し、開会の辞を述べられる国会の開会式にはずう~っと出やへんかったのに、平成28年1月の国会の開会式には史上初めて出席したということで話題になりましたね。

 またこれも記事にありますが、平成16(2007)年には党の綱領を改定し、「君主制を廃止」とか「人民革命」という言葉はなくなり、「抑制的な表現になった」そうです。それでもたとえば自衛隊は違憲で、解消すべしと言うてるし、日米安保条約は廃棄すべしと現在の綱領には書いてあります。まだこんなことゆうてるんや、と驚きですね。まあ綱領は上の人が勝手に書いてはるわけやけど、下の人たち(一般?党員)は真面目な人が多い、というのが昔の私のイメージでした。そしたら何と今日、私が毎日読んでる小坪慎也さんのブログに、「狛江市にて、しんぶん赤旗の庁舎内での勧誘、配布、集金が全面的に禁止となりました。」という記事が出ていました。

 そして、そのブログのコメント欄に、自分の身内が共産党員という人の投稿があり、悲惨な党員の新聞配達の実態が暴露されてました。真面目な党員は文句も言わずに?雨の日も風の日も、せっせと新聞を配り続けてるとか。まあそりゃー自業自得やろ、とは思いますけど、もうそろそろ覚醒しはった方がええんとちゃいますか?日本全国の真面目な共産党員さん。有名な不破哲三さんの豪邸の話も知ってはるんでしょ?新聞配ってて、アホらし、て思わへんのかなあ?不思議や。
共産党員さん、はよ気い付いたほうがええよ、と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング
2018/06/21

米中戦争はもう始まってる?その2

指差し小
 もう米中戦争は始まってるんとちゃうか。私らは兵隊がどっかへ上陸してドンパチやるのが戦争やと思てるけど、実際は相手の国を潰せたら、手段はなんでもええわけやんか。私が思う理由をいくつか書いていきます。
 まず、前にも「米中戦争はもう始まってるんとちゃうか?」で書きましたが、中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)に、米企業による部品輸出などを7年間禁止するという決定をしたと。そしたらチャイナは大慌てで擦り寄って来て、トランプは輸出禁止を緩める措置を講じようとしたら、逆に今度は議会がそれを承認せえへんかった、と。これでやっぱりZTEは潰れてしまうんやないかと大騒ぎです。あと、関税の掛け合いも大変なことになってますね。

 もう一つのびっくりニュースは、このところのアメリカの急速な台湾への傾斜ですね。もともとは今年の3月に成立した「台湾旅行法」。これで政府高官同士の交流がOKとなったと。そしたら一昨日のニュースで、アメリカの議会が2019年の「国防権限法」を決めて、その中には「台湾の軍事演習への米軍の参加を米国防長官に要請する内容などが盛り込まれた」そうです。また、「台湾が十分な自衛能力を維持できるよう必要とされる防衛力の発展を支持するべき」で、「海外からの防御用兵器調達の強力な支援や台湾への武器供与の予測可能性向上なども提言された」そうです。(「フォーカス台湾」ニュース:中央社) 

 これって、もう軍事支援そのものやんか。まあ今、チャイナは南シナ海に軍事基地をあっと言う間に造成し、ついに戦闘機まで飛ばしたからね。まあ今までよう指をくわえて見てたなあ、という気もするんやけど、やっと対応するわけやね。もちろんチャイナ政府は猛烈に反発してるそうですが。あ、そうそう、いつものことながら、日本のマスゴミはだんまりですね。JALやANAが、「台湾」の表記をチャイナ政府に恫喝されてさっさと「中国台湾」に変えたけど、トランプ政権は逆に「従うな」と抗議したらしい。さすがやね。

 そして昨日のニュースです。アメリカが、国連の「人権理事会」を離脱することにした、と。これもまた日本のマスゴミは、主にアメリカが「慢性的な反イスラエル的な偏見」があると非難してると書いてますが、そもそも「理事国」に中国、キューバ、ベネズエラなど米国にとっての「人権侵害国」が含まれていることを書いてるのは産経新聞ぐらいですね。チベット、ウイグルでとんでもないことをしているチャイナが理事国って、笑えますね。
まあそういうわけで、今、アメリカは着々とチャイナに攻め込んでるんとちゃうか、と思います。
日本もアメリカのチャイナ包囲網に乗り遅れたらあかん、と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング
2018/06/20

日本の神話に向き合おうとしない左翼の歴史家。ん?日本人か?

頷く小
 私が「GHQの洗脳(笑)」から解けていろいろ勉強して知ったことの中には、天皇、皇室のことがあります。とはいえ、まだ私の子供の頃には、「むかしばなし」やら「わらべうた」などもソノシート(知ってますか!?ビニールのペラペラの、付録のレコード、みたいなやつ)でよう聞いた記憶があります。大黒様の歌は、今でも歌えます(笑)。せやから自分にとっては戦後は皇室が蔑ろにされてきた、みたいな感覚は特になかったと思います。けれども今の子供たちは左翼教育によって、徹底的に天皇、皇室の事を軽く考えさせられるように仕向けられているんやろうか。

 先日書いた「『天孫降臨とは何であったのか』田中英道~縄文時代を見直そう」の続きになりますが、最近の考古学的発見や科学的分析によって、少なくとも2万年以上前から縄文文化が栄えていたことが明らかになってきました。そして、その真ん中に連綿と皇室があって、弥生時代、古墳時代を経て大和朝廷の時代にまっすぐに繋がっていることがいよいよ明らかになってきた、と。記紀神話は物語ではあるけれど、確かに存在した歴史的事実の記憶や、というわけです。

 日本書紀には異説がある場合には必ず「一書に曰く」と付記していて、「イザナギ・イザナミの神生みの神話においては、『一書に曰く』が11種類も付記されているほど」なんやそうです。また、よく言われることですが、神武東征の話は必ずしも順風満帆やのうて、けっこう苦労してる場面も多いそうです。戦後の左翼の歴史家が、記紀神話は後の時代の権力者が自己の正当化のために書かせたもの、などと言ってこれを貶めようとしてきたれど(そんな要素が全くないわけはないにしても)、そういう「正当化」も含めて、既に江戸時代にもさんざん研究され尽くしてきたんやそうです。じっさい、武烈天皇に関する記述はとてもここに書けないくらいの悪行に満ちています。

 最近の縄文時代の新たな発見があまりに多いことから、左翼の歴史家の中には縄文時代を一大文明と捉えて、逆に天皇家の存在をまったく無視する人もおるんやそうです。うーん、日本人ならば、まずは2万年以上も前の私たちの祖先の縄文人に思いを馳せ、日本という国を作るのにとても苦労した天皇家が今、少なくとも二千年以上は確実に続いてきたことを誇らしく思うのは、ごく自然な感情でしょう。日本中に今でもたくさんある、一体いつの時代にできたのかわからないような古い神社のことも最近になって知りました。事実に謙虚に向き合って昔を想い、今を生きる力にしていきたいと思いますね。
記紀神話を見直そう!と思うた人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング