2017/10/02

激動の日本近現代史 1852-1941 歴史修正主義の逆襲

読みましたよ!
『激動の日本近現代史 1852-1941 歴史修正主義の逆襲』
宮崎 正弘、渡辺 惣樹
ビジネス社
 激動の日本近現代史 1852-1941 歴史修正主義の逆襲
昨日に引き続き、読んだ本の話です。
少し前に渡辺惣樹さんの本のことも書きましたけど、(http://gekiokoobachan.blog.fc2.com/blog-entry-117.html)この渡辺さんと宮崎さんの共著です。「歴史修正主義」というのは左翼が批判するときに使われる用語みたいなもんやけど、いっそ、修正で何が悪い、間違えてたら修正するのは当たり前やんか、ぐらいの意気込みで歴史修正主義の逆襲、というタイトルになってるようです。
また面白かったところをつまみ食いで書いていきます。
■日本開国を提案した人
私らはペリーが黒船を率いて日本に来て開国を要求した、と習っていますが、たしかに来たのはペリーやけど、それを提案したのはアーロン・パーマーという、ロスチャイルド家のエージェントをやってた人で、このパーマーが当時のアメリカの国務長官に、「日本開国提案書」を提出したと。最終目的は支那市場を英国から奪うことやった、と。せやから日本はうまく手なずけることで利用しようとしていたようです。いずれこの国は東洋の一等国になる、と予言していて、たしかに日露戦争の勝利でその予言は当たったんや、と。で、既にその頃、日本のことも十分研究していて、日本の権威と権力の構造も理解していたらしい。将軍の権力と、ミカド(皇室)の権威に気付いてたらしい。こういう情報はすべて長崎出島から得ていたと。私らは長崎にはオランダ人しかおらんと思ってたけど、そのオランダ人が優秀なイギリス人やドイツ人を雇ってたらしい。今も昔もインテリジェンスは大事やねえ。
■ペリーが2回目に来たときのお土産
日本に開国を迫るために、あの手この手を使うわけやけど、交渉がうまくいきそうな頃合いを見てペリーが幕府に献上したものの中に、四分の一スケールの蒸気機関車があったらしい。進んだアメリカの科学技術の水準を見せつけろ、ということやったらしい。この時の日米和親条約の交渉の日本側の当事者は幕府の老中首座の阿部正弘、この時の条約は英文と和文にどうも意図的な誤訳があって、うまく国内の批判をかわそうとしていたところなどは、当時も今も現場の最先端は必死に動いてたんやな、と感嘆させられます。結果を知っている今の私らが後知恵であれこれ批判しても歴史に学ぶことにはならへんな、と思いました。
■TPPについて
私はTPPは単に世界で金もうけをしたいグローバル企業が、それぞれの国に入っていきやすくするためだけにやろうとしている邪悪な条約や、と思うて反対の立場やねんけど、宮崎さんもそうやけど、これには渡辺さんは異論を唱えてはります。TPPの本質は非関税障壁に対してきちんと文句を言える規則を整備しようということやった。ところがそこに自由貿易推進派のロビイスト団体が入ってきておかしくなった、と。実は最初の目論見は、中国政府による様々な非関税障壁、国内産業優遇策の是正も視野にあったようです。中国はまた別途やり込めたったらええ、と私は思いますけど、これ、深い話ですねえ。宮崎さんは、TPP交渉もRCEPも、武力を伴わない「言葉の戦争」やと言うてはります。
2017/10/01

韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧

読みましたよ!
『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』
 宮崎 正弘, 藤井 厳喜 / 海竜社
韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧
宮崎さんの本はけっこう読んでます。実証主義というか、世界中に飛んで必ず現地に行って確かめはるから、書いてはるもんはすごいリアリティがあります。
藤井さんの本も面白いです。アメリカ情報にめっぽう強いイメージがありますね。日本の大新聞社のアメリカ担当記者なんて、足元にも及びません。
このお二人が対談して面白くないはずがないわね。
もうあちこちで書評も出てるようですけど、私がええーっと驚いたところとか書いときます。
■韓国の話。
あちらの国の企業では、社長だけが乗るエレベーターがあるらしい。あと、社長あてに電話したら、「社長様は今お出かけになっておられます」と言うらしい。ははーん、そういうことか、と妙にナットクしました。あの国は儒教そのままの国やから、人間関係は必ず上下でしか見やへんのやね。せやから客であろうと関係ない、ということなんかな。
■ISの話。(藤井さんのパートです)
今、世界のアヘンの7割近くはアフガニスタンで栽培されており、ISを介して欧州とアメリカに密輸されてるとか。そういえばアフガニスタンは今や過激派のタリバンに乗っ取られているような状況で「タリバニスタン」とも呼ばれてるらしい(笑)。せやから、結局ISなんて、宗教テロリストというよりは、ドラッグマフィア集団や、と言うてはります。ホンマ頭痛いわね。
■米中関係について
ペリーが日本に来て開国を促したことはよく知られていますが、アメリカの大本の狙いは中国やったらしいです。日本は中国という巨大なマーケットの手前の中継地という位置付けやった、と。で、今もまたアメリカの大本の関心は中国にあって、北朝鮮問題でさえ、実は中国問題なんや、ということです。目先のことに惑わされたらあかんな。今、中国は本気でアメリカに取って代わろうとしているそうです。日本はしっかり米中対立を煽ってうまく立ち回らなあかん、ということやね。戦争反対!とか、そんなレベルの低い話でないことだけは確かやな、と理解しました(笑)。
■アメリカのディープ・ステート(全国民監視体制)のこと
いやあ、これは藤井さんのパートですが、ホンマこわいわ。2002年ごろからアメリカは全国民を監視下に置く体制を構築してて、もうホンマに稼働してるらしい。せやからこそ、この間の大統領選挙の時にはオバマはトランプさんの盗聴情報を持っていたということらしい。電話回線とインターネットを通じて行われるすべての情報が監視体制に置かれてるとか。ジョージ・オーウェルが小説『1984年』で書いたような、全体主義的な管理体制が実際にもう出来上がっているらしい。その担い手は二大政党の中のごく一部のエリートたちとMSM(メジャーストリームメディア)と言われるまあ日本でゆうたら「大手マスコミ」ということらしい。最近ポツポツと内部告発をする人が出始めてるんやけど、MSMはそれを材料に、トランプが監視社会を作ろうとしてる!と攻撃してるらしいわ。ホンマいつも世も末やなあ、と思うてしまうけど、そんなん聞いたら思わず「トランプさん、頑張ってや!」と言いたくなりませんか?


2017/08/09

危機にこそぼくらは甦る 青山繁晴

今読んでます。
危機にこそぼくらは甦る 
『危機にこそぼくらは甦る 新書版 ぼくらの真実』(扶桑社新書) 青山繁晴
です。
これは、2年半ほど前に青山さんが書きはった「ぼくらの真実」を新書版にするにあたって、書き下ろしを加えたものだそうです。ただ、その書きおこしの部分だけでも1冊になるぐらいの分量になります。青山さんは関西のテレビにも出てはったからもちろん前から知ってるけど、めっちゃ熱い人で面白いです。濃い、とゆうてもええかも知れんけど、私心がないところが好きやね。この前の国会でも元愛媛県知事の加戸さんにうまいこと質問してはったし。
で、まだ全部読んでへんねんけど、いきなり膝打ちもんの話が出てきてたので紹介します。
日本が戦争に負けてGHQに占領されてた時代、日本国内で製造されるものは「made in Japan」と書いたらあかんかったらしい。何て書くかというと、「made in occupied Japan」、つまりは「被占領国家日本製」と。ええー、そんなんウソやろうと思てたら、青山さんはちゃんと骨董屋さんでブリキでつくったバスのおもちゃの底にちゃんと「made in occupied Japan」と刻印してあるのを見つけてきはったそうです。
まあつまりは今の憲法は、「made in occupied Japan」やから、ちゃんと正しい「日本製」をつくりましょうねという話やねんけど、たしかにその通りやね。
2017/07/30

誰が第二次世界大戦を起こしたのか

今、読んでます!
誰が第二次世界大戦を起こしたのか: フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く
渡辺 惣樹
草思社
誰が第二次世界大戦を起こしたのか 
渡辺惣樹さんはこれとほぼ同時にフーバー大統領の書いた『裏切られた自由』を翻訳して出版してはります。それが大部(上下2巻)なため、まずはこれを読んでもいいし、大部を読んでからこれを読んでもいい、と書いてはります。
私は大部はちょっと自信ないので(笑)先にこちらから読んでます。
フーバー大統領というのは、第二次世界大戦の時のルーズベルト大統領のすぐ前の大統領です。
今の日本では残念ながらまだまだGHQの洗脳よろしく「日本は戦争を仕掛けた悪い国やったんや」と思い込まされてる人が多いと思います。かくいう私もついこないだまでそうやったんやから偉そうには言えませんが。
フランクリン・デラノ・ルーズベルトという人がいかに世界をこの大戦に引きずり込んでいったんか、ようわかります(ま、あの時もっと悪かったのはスターリンですが)。私らが反省せなあかんのは、そういう邪悪な意図を持って仕組まれた世界大戦やったということを、ようやく今頃になってわかったということやと思います。私は日本はいまだに戦争に負け続けてると思うようになりましたし。
まあ中身の話をしだしたらきりがないのでぜひ読んでください。
一つだけ紹介しときます。
日本が真珠湾攻撃をしたとき、アメリカ中が日本に対して激怒したんやけど、フーバーは冷静で「これは間違いなくルーズベルトが何かやらかしたな」と勘付いたそうです。そこから彼は、あらゆる情報をしっかり残し、後世に伝えることを意識して結果この本(『裏切られた自由』)を書いたということです。でも戦後かなり長い間、アメリカでさえルーズベルト大統領はアメリカの歴史に残る名大統領の一人とされていて、当時はこの本は出版できず、2011年になってやっと出版できたそうです。
あー。まだまだ勉強せなあかんことがいっぱいあるわ。
2017/06/04

今日読んだコワい話

私が何かおかしいと感じ始めて、ネットでいっぱいブログとか読んだり、本も買うていろいろ知り始めて、それこそコワい話はいっぱいあったんやけど、まあ中にはもちろんウソや誇張やガセや捏造やらもいっぱいあって、最初はもうワケわからんわー、みたいな時もありました。せやけど、ネットと本でいろいろ話を仕入れて自分で考えるようになると、だんだんと、トンデモ話にはさすがに引っかかることは減ってきたように思います。
で、今日読んだコワい話。
今では2001年9月11日のアメリカでの世界貿易センタービルに飛行機が突っ込んでビルが崩壊した事件は、ヤラせであったことが強く疑われていることはネットでは常識やね。私もいろいろな報道やらネットでの記事を読んで総合的に見て、やっぱりこれはおかしいなあ、と思い始めています。まあそやから何やねん、と言われればそうやねんけど、マスコミの報道を鵜吞みにしたらあかん、ということぐらいは言うといてもええんちゃうか?
NHKの解説委員やった長谷川浩さんがこの事件を調べてて、事件の1か月後に自分の番組内でおかしな点を指摘しはったんや。事件の当日、普段はビルに勤めているはずのユダヤ人だけが当日はほとんど全員、欠勤してたらしい、と。この報道の5日後、長谷川さんはNHKのビルの上から飛び降り自殺しはったことになってるんや。いやあ、コワいわあ~。あ、もちろん、亡くなりはった長谷川さんにはお気の毒やねんけど、いまだにこの事件に触れるのはマスコミではタブーらしいで。まあ証拠も証言も何もないから、ただのガセネタと言われてもしゃあないかも知れんけどな。
でも、この後アメリカはイラクに対しては「大量破壊兵器」を持っているからと戦争を始め、終わってみたら大量破壊兵器はなかった、ちゅうのは今ではもう普通に知られてることやね。
で、今日読んだネットの記事では「アラブの春」のリビアのことが出てました。リビアはめっちゃ幸せな国やったんやで。ネットから拾うたことを箇条書きにすると、、、
・教育費は無料
・医療費も無料
・電気代タダ
・ガソリンはリッター10円
・税金がゼロ
・ローンに利子は無し
・全国民に家を持たせた
・新婚夫婦には5万ドル(500万円)の住宅補助金を支給
・失業者には無償で家を支給
・車を購入する際は、政府が半額負担
・農業を始めたい人には土地、家、家畜、飼料など全て支給
・薬剤師になりたい人には必要な経費は全額無料
・子どもを産んだ女性には5千ドル(50万円)を支給
・学校卒業後、仕事に就けない人は、仕事に就けるまで国が相応の給与を支給
・国民の25%が大卒資格者
・石油の売上の一部を、全国民に現金で支給
つまりは石油が出るもんやから、お金はいっぱいあるんや、ということやね。で、カダフィが殺されたのは、独自通貨を作ろうとしたからや、と言われてるらしいです。
ふう~、ホンマに世界は邪悪やわ。日本、大丈夫か!?