2018/01/02

法匪国家、日本

指差し小 
 すみません、まだまだ同じ本からの話が続きます。
 韓国のことを「情治国家」とか「恨治国家」と揶揄する人が多いですね。あ、私もか(笑)。野口さんは、日本は「法匪国家」やと言わはります。つまり、何でもかんでも法律で縛り上げている、と。自衛隊の指揮官は歩く六法全書らしいです。戦場で自衛隊が「やってもいいこと」が細かく法律で決められている、と。そこに書いてへんことはやったらアカン、というわけです。せやから指揮官はしっかり法律を習得してんとあかんわけですね。これを「ポジティブリスト」というと。これはよく言わてますね。たいていの国は必要最小限の「やったらアカンこと」だけを書いておいて、あとは現場の判断で行動できるようにしていて、それが「ネガティブリスト」方式やそうです。実際の戦場ではいわゆる「グレーゾーン」がいくらでも出て来るから単純にしとかんと迅速な行動がでけへんということですね。
 実際にイラクのサマワ派遣の際の「交戦規程」は、「口頭による警告→ 銃口を向けての威嚇→ 警告射撃→ 危害射撃」となってたらしい。そんなもん、いきなりバンバン撃ってきたりしたらどないすんねんな、というアホみたいな話です。でもそこが「シビリアンコントロール」なんやそうです。でもそれは間違ってる、と野口さんは言います。シビリアンコントロールは「非軍人による軍隊の統制」という意味で、軍人は何かと言えば戦いたがるからこれを統制せなあかん、という考えが基本にあるらしいけど、実は軍人は負ける戦いは絶対にしたがらない、という当たり前のことが分かっていない、ということやそうです。実はベトナム戦争も戦闘、戦争の現場を知らない「文民」が作戦を政治的にアレンジして負けてしもうたんや、ということらしいです。そやな、アメリカの方が物量的に圧倒的やったはずやのに負けたからなあ。
 早う自衛隊を憲法に書き込んで、「交戦権」を付与し、「軍法」も整えて、自衛隊を国際法上も「軍隊」にせんと、ホンマにいつまでたっても「戦争のできない国」のままやんか。危ない話やなあ。
2017/07/28

核を持たんでええんか?

私が毎日読んでるブログ「新」経世済民新聞で今日、上島嘉郎さんが「非核五原則」から11年という記事を書いてはります。
https://38news.jp/politics/10841
【以下引用】
平成18年、当時の自民党政調会長・中川昭一氏が「核を持たずに北朝鮮にどういう対抗措置ができるのか真剣に議論しなければならない」と述べたところ、その意見は与野党、マスメディアからあっという間に封殺されました。その風圧の強さに中川氏自身その後発言を自粛しました。
「国会では『非核五原則』、つまり核について『つくらず、持たず、持ち込ませず』だけでなく、『発言させず』『考えさせず』という空気が横行している」と、中川氏が嘆いたのを覚えている読者はどれほどいるでしょうか。【以上引用】
非核五原則という言葉は初めて知りました。
私も、拉致被害者は、日本が完全に普通の軍隊を持ち、核を持ち、国民に危害が及ぶと確かに推定される時はいつでも軍が出撃できる、という普通の国にならへんかぎり、奪還することはでけへんのとちゃうか?と思うてます。攻撃する意思がない限り、ひたすら、永遠に、駆け引きの材料にされるだけなんとちゃうかな?ということです。もし私が横田めぐみさんの親やったとしたら、そんなことを考えるだけでも胸が張り裂けそうになるけど、それでも世界の現実はそういうもんやろうと思います。世界は邪悪なんや!
もうええかげん、五原則の「発言させず」「考えさせず」は外さなあかんと思います。その上で、今の今でも「核保有を検討する」と言うだけで、ものごっついインパクトになるんやろうなあ、と思います。お、日本、やっと本気になったか、そしたら話すけどな、で始まる会話もあると思います。
自分の国を自分で守られへん国と、誰が軍事の話をするんや。ホンマはよ目を覚ましてほしいわ、日本人。
2017/07/20

なりふり構わぬ安倍降ろし

最近、ものごっつい不安感がよぎることがあります。
実は開戦前夜なんとちゃうか?いや、もう既に情報戦争という戦争に突入してるんとちゃうか、と。
これを読んでそう思いました。

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル
http://melma.com/backnumber_190875_6558659/

稲田朋美防衛大臣の、南スーダンPKOでの「日報」隠蔽問題。
そもそも、「もり・かけ」問題なんて、とにかく安倍ちゃんの不利になるような印象操作をしまくって何が何でも安倍ちゃんを引きずり降ろそうとするマスゴミの報道テロやと思います。
で、この稲田さんの話もいったん鎮まったはずやったのに先日の選挙の時に稲田大臣が失言したもんやから、それをもういっかい追及して安倍ちゃんまで引きずり降ろそうという魂胆なんやろうなあ。
で、実はこの稲田問題、自衛隊内部のクーデターか、と言われてるらしい。気に入らん女性大臣を窮地に陥れるために陸自の誰かが意図的にリークしたんとちゃうか、ということらしいです。コワいなあー。そういえば自衛隊の人って、なかなかお嫁さんが見つからへんから、何と中国人と結婚する人が多いらしいわ。えー、大丈夫かいな。ここはスパイ天国の日本やで、めっちゃ危ないように思います。
あ、話それたわ。それで、まあ陸自の中の女嫌いの連中がやったことも安倍ちゃん降ろしに繋げられるんやったら利用しようということや。鍛冶俊樹さんは、これは防衛省、自衛隊による政権転覆工作や、とゆうてはります。
2017/07/11

岩盤規制って

以前から安倍ちゃんが「私自身が既得権益という岩盤規制を砕くドリルの刃となって」みたいな演説をあちこちでするたびに、がっかりしてました。あー、この人は外交と安全保障はめっちゃうまいことやってるのに、国内、経済、財政はぜんぜんあかんなあ、と。選挙で選ばれたわけでもない人を民間議員として呼んで来て、その人らに都合のいい政策をつくっていく、みたいなことをする、と。
でも今回の加計学園問題で注目された獣医学部に関して、50数年、新設されなかった獣医学部、ということ自体が岩盤規制やったんやと言われると、そらあかんわなあ、とも思うねん。さて、どういうことなんかな?
最近わかってきたことは、規制というのは必要やからあるわけで、タクシー業界みたいに規制を緩めて料金自由化したら一気に料金が下がってしもて、今やタクシー運転手という職業は、女房子供を養われへん仕事になってしもたという状況や、と理解してました。
あるいは、談合は悪いことのように思えるけど、特に公共事業、地元の土木事業については多くの業者がそれなりに安定的に仕事を請け負い続けることによって、人も技術も継承されていき、長い目でみたときには効率がええんや、みたいな理解をしてました。緩やかな談合は必要なんや、と。金額を吊り上げるような談合はあかんけど、ちゃんと将来的な事業継続もある程度保証できるだけの利益が業者に対して払われることによってそれこそ強靭な日本列島が維持できる、と、、、、。
話は戻って、せやから何でもかんでも岩盤規制をドリルでぶっ壊していったら、かえって危ないんやなあ、と思てたところにこの獣医学部の岩盤規制でした。西日本に獣医さんが全然足らん、とか。
まあ規制というよりも既得権益を守る利益集団、ということなんかな?やっと1校だけ認めたところがそれがおかしい、といわれるなら全国に新設します、て、文科省、ぐだぐだやん。まあそれは置いといて(笑)
で、岩盤規制っちゅうのんは一つずつ、しっかり見ていかなあかんねんな、と思た次第です。
2017/07/04

小池都知事の変身?

いやあ、もうワケわからんわ。小池さん、いきなり代表を辞めはるんですか?で、その後任の野田数さんという人、大日本帝国憲法復活論者やて。どひゃーーー。右翼やんかーー。自民党惨敗で喜んでたパヨクさん、どないしはりますねん?しかも小池さんが言うには、安倍ちゃんとは別に喧嘩なんかしてへんで、これからもオリ・パラでもうまいことやっていきまっさ、てな感じやんな。この人、ある意味すごい策士やなあ。渡り鳥とか言われてたけど、ほんま見事やわ。まあ、大阪の人間にとっては都政は関係ないけど日本の将来には微妙に影響してくるんやろうね。
で、毎日読んでる「新」経世済民新聞で藤井聡先生が、橋下の入閣に警鐘を鳴らしてはります。私もウソつき橋下は絶対に支持でけへんと思います。それに、確かに大阪市長のときにあからさまな言論弾圧をやったから、めっちゃコワいやつやなあと思いました。まあ「維新」は東京の人らには全然ウケてへんみたいやし、橋下の何となく下品な感じは東京の人には嫌われるんやろうなとは思うけど、、、安倍ちゃん、菅ちゃんが乗り気?らしいというのはめっちゃ不安やわ。まあ政治家のことやから、お互い利用できるもんは利用したらええやん、というのもあるんやろうけど、いっぺんに内閣が薄っぺら~くなる気がするわ。
と言うてたら北朝鮮はまたミサイル撃つし。もういよいよ日本も核武装せんとヤバいんとちゃうか?
まるで昨日から今日にかけてのニュースみたいに、とりとめのないエントリーでした。
すんません。