2018/02/05

秀吉の朝鮮出兵

パンチ小
 またまた大川周明「日本二千六百年史」の話に戻ります。昭和15(1940)年に出されたこの本の中で、大川周明は秀吉の朝鮮出兵について書いています。何と、当時でも秀吉の出兵について非難する人がいたたしく、「形式的儒教道徳に囚われた日本本来の精神を忘れた儒教文人は、多く豊太閤の征韓を非難せんとしている。」と。それに対し、「日本精神の真実相は、統一の意志、支配の意志、而して優越の意志である。」「最も優越せる者が、支配者たり統治者たることは彼(秀吉)にとって自明の道理であった。」と大川周明は書いています。こんなことを書くとほらやっぱり秀吉は膨張主義、侵略主義で、大川も一緒やんか、と言われそうやね。せやけど当時、全世界はスペインを始めとする西洋列強に侵略され尽くしていて、いよいよシナ大陸も虎視眈々と狙われていたことは確かです。
 この辺の話は実はねずさんのブログでとてもわかりやすく書かれています。秀吉がわざわざ朝鮮半島に兵を出したのは、実は彼はとても正しく世界情勢を理解していたので、究極的には「いかにして戦(いくさ)の世を終わらせ、太平の世を築くのか」という雄大な世界戦略を持っていたのだといいます。そして、その実現は実は武力でしかなし得ないことを、西洋列強のとんでもない侵略を見て感じていたようです。だからこそ、当時衰え始めてた明が西洋に征服されたら今度は日本が危ない、ということを一番わかっていたのが秀吉やったということです。
 ただ、秀吉にしても、その前の織田信長にしても、皇室の尊厳は自明のこととして、とても大切にしていたことを大川周明は評価しているようです。あと大川周明は天皇は「天神にして皇帝」という言い方をしてはりますね。
 あと、ねずさん的に付け加えておくと、いずれにしても朝鮮半島は当時、そもそも国家としての体をなしておらず、ただひたすら強うそうなところに従うだけやったということです。500年経っても1000年経ってもあの国は同じなんやね。あ、今もやんか。アタマ痛いわあ。
2018/01/24

NHKの犯罪!「731部隊」の嘘プロパガンダに加担!

走る小 
 またまた反日放送局、NHKがやってくれましたね。一昨日の21日(日)にBS1で「731部隊と人体実験 スクープ・肉声の記録」が放送されました。この「731部隊」の話はネットではもう何年も前から単なる捏造、中共のプロパガンダに過ぎないことが明らかになっているのに、NHKは懲りずにやってます。(あ、実は昨年の8月にも放送してましたね。)おまけに中共のメディア(環球網)から「われわれは改めてこのテレビ局を称賛しなければならない」と褒めてもろうたそうです。もうここまで来ると、NHKは偏向放送局というよりは、敵国のプロパガンダ機関でしかないんとちゃうか?外患罪そのものやんか。
 簡単に書いときますと、小説家の森村誠一が「赤旗」の記者の下里正樹との共同取材で、関東軍731部隊を描いた『悪魔の飽食』というノンフィクション作品を昭和56(1981)年、『しんぶん赤旗』に連載しました。それがすぐに光文社から単行本としても発行されたと。その内容はここではとても書かれへんようなおどろおどろしいもので、日本軍の部隊が捕まえたシナ人に残虐な人体実験を行った、というものです。この本がとても売れて評判になったけど、同時にそれ、おかしい、と言う人がいっぱい出て来た、というわけです。ネットでは自分で判断する材料がもういっぱいあるから、検索してくれはったらええと思いますけど、私が毎日読んでるねずさんのブログの記事がめっちゃわかりやすいです。もう2年以上前の記事ですけど。この中でねずさんが引用してはる石川久遠さんのFacebookの記事は3年以上前ですね。
 こちらも簡単にまとめときますと、731部隊というのは、もともとは「関東軍防疫部」として発足した機関。異国の地、大陸では清潔な飲料水を確保することは軍隊にとって最重要やと。せやから細菌に関する研究も当然やっていた、と。しかも戦地での仕事やから当然極秘です。そしてその研究成果は実は世界最先端の防疫学上の第一級資料やったそうです。「この資料は、米軍にとっても、米国の薬品メーカーにとっても、きわめて貴重性の高い資料でした。ですからその接取資料は極秘扱いとされました。」と。あーそういえば、戦後、アメリカは日本が開発した「農林10号」という小麦の超優良品種を勝手に持ち出して世界中に売って儲けた話がありましたねえ。
 あ、話がそれたわ。で、その秘密やったことをええことに、この部隊はこんな残虐な人体実験をしてた、という荒唐無稽なお話に作り上げたのが『悪魔の飽食』というわけです。
 しかも後日談があって、1999年のクリントン政権のときに、ナチス・ドイツと日本の「戦争犯罪」を調査するために政府の機関が「人体実験」や「慰安婦問題」に関する文書を探したと。しばらくその結果は秘密やったけど、2007年にアメリカ国立公文書館がこの調査の報告書である機密文書10万ページ分を公開しました。そしたら結局そこには、証拠は何ひとつ見つからなかったと書いてあった、ということです。そらあ、なかったものをなんぼ探してもあるわけないやん。しかもあったものはちゃっかり自分らで持って帰ったくせに。
 もう10年以上も前に決着のついた話やのに、いまだにNHKはモリカケよろしく「あやしいあやしい」と日本を貶め続けてるわけやね。ホンマ許せんわ、この放送局。
2018/01/22

Yahoo!リアルタイム検索のインチキ

頷く小
 日本ではいまだにヤフーで検索してる人が多いらしいけど、私はもともと検索はグーグルでやってるねん。ある頃から検索エンジンが実質はグーグルになったしね。で、おととい(20日)ケント・ギルバードさんがフェイスブックで投稿してはって、ヤフーの「リアルタイム検索」というのが検閲をしてるみたいで大騒ぎになってます。ケントさんのツイッターアカウントがこの検索では全然ヒットしやへんかったから調べてみると、次のアカウントもヒットせえへんかったらしい。
 百田尚樹 /有本 香 /上念司 /石平太郎 /竹田恒泰 /小坪慎也 /美しい日本の憲法をつくる国民の会/文化人放送局 /チャンネルくらら/それでも反日してみたい(青林堂) /テキサス親父 日本は世界一だ!宣言 /はすみ としこ/そうだ 難民しよう!(青林堂)/カミカゼ/アメリカから見た日本
 うわー、保守系ばっかりやん。でも保守系でも次のはヒットしたそうです。
 櫻井よしこ/藤井厳喜/半井小絵/衆議院議員 長尾たかし/足立康史/和田 政宗/杉田 水脈/高須克弥/フィフィ/渡邉哲也/高橋洋一(嘉悦大)/小川榮太郎/KAZUYA/ボギーてどこん(チーム・イージス)/我那覇真子/井上太郎/netgeek/空 日本のこころ/青林堂/青林堂営業部
 ほほー、なんか中途半端やなあ(爆)。まあ私がいつもチェックしたり本を買うて読んでる人たちやからなあ。で、さっき、よう知らんかったからWikipediaで「リアルタイム検索」と検索してみたら、なんと次の記事が既に上がってました。
 「Yahoo! JAPAN リアルタイム検索の特徴[編集]/Yahoo! JAPAN独自の基準によってTwitter・Facebookの特定アカウント名を基準とした徹底した検閲・排斥が行われているため、大元であるTwitterのサイトやFacebookのサイトの検索結果とは全く異なる検索結果が得られる。例えば、ケント・ギルバート、有本香、上念司、石平太郎らのような保守系と言われる多くの言論人のツイートは「Yahoo! JAPAN リアルタイム検索」には一切表示されない」やて。で、出典は何とおととい20日のケントさんのフェイスブック記事、やんか(笑)。おおー、保守系もやることが早い!
 そもそも人の発言をなかったことにしようというのは中共といっしょやね。ケントさんもこれに続く一連のツイートの中で「中国共産党の工作員である可能性が高い人は、絶対に自分のツイートの中に、大躍進政策、文化大革命、六四天安門事件、法輪功学習者弾圧(臓器狩り)などの言葉を入れませんよね。もうバレてるから、そろそろ対策を検討したら?」と書いてはります。
 まあでもこんなことで驚いてたらあかんのかも知れんなあ。ここ数年で異常に発達したSNS。それを支配しようと考える奴が出てくるのもある意味当然かもやなあ。日本人が自分らの手でSNSを開発でけへんかったことが残念やねえ。あ、LINEは韓国企業やしね。
 このヤフーのリアルタイム検索問題、まだまだ尾を引きそうです。

2018/01/19

産経新聞「弁護士自治、いらない」

走る小 
 私がいろいろ本を読んで勉強する前までは、弁護士っちゅうのはもうエリートの職業やと思うてました。あ、今も基本はそうやね。クラスで勉強のできる子は医者か弁護士、ゆうのがいわゆるエリートコースみたいなイメージやね。手に職を持ってると強いというのは昔からそうやけど、ちゃんと勉強せなあかんからな。でもその見返りに、職に就いたら高い報酬が得られるようになるんやと、そういうはずやったのに、どうも今、弁護士さんは、、、?という話です。
 今日のタイトルは、今日(1月19日)の産経新聞の一面の見出しです。何年か前に「近い将来、弁護士が足りなくなる」と言われ始めて、弁護士になれる方法を大きく変えて平成16(2004)年から新しく法科大学院ができたと。そのいわゆる「ロースクール世代」の若手の弁護士が標題の「弁護士自治、いらない」と言うた、ということです。
 実は増えるはずやった弁護士の需要が、じっさいにはそうならずに今、余ってる状態なんやそうです。それで若手弁護士が仕事がなくてなかなか独立でけへんとか、いろいろ問題が出てきた、と。若手弁護士の不満の一つが弁護士会への強制加入の問題で、何と弁護士会の年会費は地域(単位)によって違うけれど年間42万から最高102万のところもあるらしい。その不満が高じて少し前の東京弁護士会の選挙で、副会長に立候補した若手弁護士が、弁護士会への任意加入を提案?訴えた?ことが物議を醸したらしいです。
 私も知らんかってんけど、弁護士は権力から独立してないとあかんという考えから、どこの監督官庁にも支配されへんようせなあかんということから、弁護士会が自分たちで監督・懲戒権を持つという、いわゆる弁護士自治、というのがあるそうです。弁護士法第一条は「弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」とあるので、まあそれはええんやけど、なんで政治的な活動ばっかりしてるんや、という不満のようです。
 前にここで書きましたけど(日弁連)、活動の内容はその時よりももっとブレてきて、もう左翼的と言うより、今や北朝鮮の手先、とゆうてもええぐらいに偏っています。そりゃあいっぱいお金もかかってやっと弁護士になったのに「お客さん」がぜんぜん付けへん若手の弁護士からしたら、アホらしなるやろなあと思いますね。
 で、報道はぜったいされへんけど、その上に「余命三年、怒涛の更新」「その2」「その3」で書いたように、弁護士個人への「懲戒請求」がドカンと大量に来てるわけですね。まあそれでも巨大な既得権やからそう簡単に「第二」弁護士会ができるかどうかはわからんけど、大変なことはたしかなようです。
 あ、繰り返しになるので簡単に書いときますと、全国各地の弁護士会が、朝鮮人学校への補助金支給をやめるな、という声明を出していることに対する懲戒請求を「余命ブログ」が呼びかけてる、という話です。今まさに全世界が制裁強化をしようとしている北朝鮮を利することがもはや明らかな朝鮮人学校への補助金支給を推進しようとするこの団体は、一体何なんや。どこの国の団体やねん、と思いますね。
2018/01/14

岩波書店の犯罪?【追記】

e5d5251e.jpg 
 岩波書店のことは前にも書いたことがありました(「岩波書店と『紫禁城の黄昏』」)。犯罪とは言いすぎかも知れませんが、実は昔から岩波書店はある意味変わってなかったんですね。ネット情報では共産党シンパがものすごくたくさんいるということやそうです。
 話の順が逆になりましたが、今年に入ってすぐに発売された『広辞苑 第7版』のことです。前回の第6版のときに「中華人民共和国」の項目で示された地図で、台湾を中国の省として記載していたこと、また1972年に調印した日中共同声明では、日本は中国側の立場を「十分理解し、尊重」と表現するにとどめているにもかかわらず、その項目では「日本は中華人民共和国を唯一の正統政府と認め、台湾がこれに帰属することを実質的に認め」などと書かれていたことに対し、台北駐日経済文化代表処(在日大使館に相当する)やその他の台湾の団体が訂正を求めていた、と。それに対し、岩波書店は12月の末にホームページで「これらの記述を誤りであるとは考えておりません。」と発表した、ということです。もともと第6版のときにやはり同じ抗議があって「・・・台湾が中共に帰属することを承認し・・・」の「承認し」を「実質的に認め」に修正した過去があったそうです。で、今回(おととい12日に出たばかりのはずですが)は修正してる様子はなさそうです。
 まあこの台湾の問題は書き始めたらすぐに1冊の本になるくらいややこしいですけど、この岩波書店の対応は、どう考えても中共寄りとしか言えないものであることは確かですね。日本は田中角栄さんの時にあっさりと台湾を捨ててしまいました。せやから大きな顔はでけへんけど、今の中共の脅威がひしひしと迫ってるとき、このことはしっかりと考えんとあかんなあと思います。
 で、岩波書店はもう終わってるんやなあとも思いました。私の前の記事にも書きましたが、40数年前に歴史の先生が「朝日新聞、NHK、岩波書店がなくなったら、日本はすごい良うなります」と言うてはったのはホンマやったんやなあ、というオチでした。

 ※これをアップした後に、いつも読んでる宮崎正弘さんのメルマガでとても詳しくこの「広辞苑」問題の問題点を指摘した別のメルマガが紹介されてたのでリンクしときます。(「メールマガジン日台共栄」)一言で言うと、「中国共産党の言い分をそのまま載せている」ということやね。そんなん、辞書とちゃうやん「アジビラ」や、と別の投稿者も言うてはります。事実に反することを載せたらそれはもう辞書にはならんわね。