2017/08/19

百田尚樹『戦争と平和』新潮新書

読みましたよ!
戦争と平和 (新潮新書)百田 尚樹 
「戦争と平和」 (新潮新書) 百田尚樹

「永遠の0」は文庫本になってから読んだんやけど、何と最初の「ゼロ」は2006年、もう10年以上も前に出てたんやね。それから累計で450万部以上売れてるらしい。とんでもない数字やと思います。
百田さんの今回の本はタイトルは固いけど、いつも通りめっちゃわかりやすいです。もともと百田さんはテレビの世界で放送作家としてやってきはったから、いわゆる「ウケる言い方」というのはようわかってはると思うわ。せやけど、お笑いにしても何にしても結局最後は中身がないと続かへんということも知ってはるんとちゃうかな。50歳を前にして、ご自身のお父さんが亡くなりそうだというときに戦争の話を聞いて、戦争を知る世代がどんどん亡くなっていく今、話を残しておきたいと思いはったそうです。ゼロは映画にもなったけど、それも見に行きましたよ。よかったです。
今回のこの本も、難しい言葉を使わず、丁寧に話すような調子の文章は、さすがにテレビの世界で勝負してきはった人やな、と思います。
印象に残ったことをいくつか。
日本人は戦争には向いてへん民族なんとちゃうか、というのは説得力がありました。私もそう思います。お人好しで性善説に立つ日本人は、いまだに戦争に負け続けてるやんか、と。
あと、「日本人は最悪のことを考えたがらない」というのもようわかります。隣に核兵器を持つ国がありながら、日本で「核シェルター」を持ってる家なんて、数えるほどしかないんとちゃう?
まあ日本人は地震にしても、おきてしもたらしゃーないな、と考えてしまうところは確かにあるわなあ。あ、つまり、戦争中の作戦にしても、もし失敗したらどうするかということを考えへんかったらしい。せやからインパール作戦での戦死者は実は戦闘で亡くなった人よりも、退却中に餓死したり病死した人の方が圧倒的やったそうです。作戦がきちんと成功した場合の食料やら装備?しか考えてへんから、うまくいかへんかったときには悲惨なことになった、と。
あと、護憲派の人たちについて。これはよく言われることやけど、特に「9条を守れ」という人たち、あれはもう論理で説得できるもんやない、と。「9条を守っていれば戦争にはならない」と「信じる」ことが大事、つまりは宗教の域に達してるということです。せやからもう議論にならへん、と。確かにその通りですね。
私は百田さんの本は『海賊と呼ばれた男』『カエルの楽園』『大放言』『今こそ、韓国に謝ろう』を読みました。ネットやテレビでもいっぱい発言してはるから、影響力は大きいと思います。サヨク界隈からはめっちゃ嫌われてるみたいやけど、そりゃあホンマのことをバンバン言われたら都合の悪い人がいっぱいおるからやろねえ(笑)。
2017/08/14

前川喜平氏と新宿の出会い系バー

何の違法性もない「疑惑」をでっち上げて延々と国会が引っ張り回された「加計学園問題」。まあこれはマスゴミのなりふり構わぬ安倍ちゃん降ろし工作の一環やったわけやけど、その一方の中心人物やった前川喜平氏。
この前川という人物、こんな人間が文部科学省のトップにいたということがホンマ信じられません。前にも書きましたけど、座右の銘が「面従腹背」って、、、残念すぎる人やわ。サヨク系の新聞ではこの人を聖人視して書いてたらしいけど、ぞっとしますね。
で、評判になった出会い系バー通い。私がいつも読んでる二階堂さんのブログで一瞬記事が出てたんやけど、何と今読んでる青山繁晴さんの本にも同じ話が出てたんで、書くことにしました。
前川前文科省事務次官が通ってたという新宿歌舞伎町の出会い系バーの名前は「ラブオンザビーチ」、経営者は新宿歌舞伎町の広域暴力団。警視庁の内偵によればこのバーの店内は、女性から男性の顔は見えず、男性がその女性たちを外に連れ出すとき短時間なら5,000円、これも同じ暴力団が経営するラブホテルに行ける時間を確保するなら3万円を払うそうです。何や、売春施設やんか!?で、何も前川氏が勝手に見つけた店でも何でもなく、2代前の文科省事務次官の山中伸一氏も常連やった、つまりは「旧文部省系官僚が、自由民主党や民主党の一部議員とも癒着し、さらに共産党や日教組といった実は敗戦後日本の既得権益を自民党内の自称リベラル派などと共に支えてきた守旧勢力とも水面下で深く、暗く癒着」していたということなんやそうです。(「危機にこそぼくらは甦る【新書版 ぼくらの真実】」338ページ)「新宿歌舞伎町は、住吉連合、稲川会、そして山口組ら広域暴力団が中国系、韓国系、北朝鮮系の暴力組織とともにせめぎあい、また支配を分け合う街です。」「既得権益を守るのなら、官庁にも、利益団体にも、与野党の政治家にも、労組にも、マスメディアにも、暴力団にも守られて安心して女性とも出会えるわけです。」やて。(同344ページ)この出会い系バーの話はピタッと報道が止まったけど、それは、安倍政権による「謀略宣伝」ということになってるそうです。いやいや、日本国民、そんなアホやないと思うけどなあ。ホンマ、暗澹とした気分になりますね。
2017/08/10

もう戦争は始まってるんとちゃう?

私が時々読む、鍛冶俊樹さんのメルマガ(ブログ)で今日、書いてはりました。
http://melma.com/backnumber_190875_6567750/
北朝鮮はグアムに届くミサイルを撃つ、と公言してるけども、言うてるうちはやらへんやろう、と。前にも書いてはったけど、北朝鮮がミサイルを撃つときには中共製のGPSやらの解除?コードをもらわなあかんから、必ず中共の承認が出てるはずらしい。つまりは今のところアメリカは中共にも北朝鮮制裁を求めてるように、中共を頼りにせなあかん、と。で中共は姑息なことにそれと引き換えに南シナ海での基地づくりを暗に承認、黙認させようとしていたらしい。でもさすがにそれはでけへんということでこの前のASEANではっきりしたことから(つまりアメリカが拒否)、北朝鮮の発言を許したという読みらしい。
グアムへのミサイルを、わざわざ広島の上空を通過し、と言うなんて、ホンマ日本は舐められきってるということやね。鍛冶俊樹さんはこの北朝鮮の発言を、「核兵器禁止条約を日本が批准すれば、世界中から核兵器がなくなると思い込んでいる日本のお花畑に除草剤を撒いて見せた。」と書いてはります。パチパチ(笑)。
あと、心配されてた新外務大臣、河野太郎、(あの国賊河野洋平の息子)のことも書いてはります。「河野外相は外交デビューにもかかわらず、この問題を公然と持ち出し、世界中に問題の所在を明確にアピールした。これでは夜中にコソ泥に入ったところを撮影されて公表された泥棒の様なもので、「あなたには失望した」との王毅外相の言葉は、勲章と言っていい。」パチパチパチ(笑)
このあと河野外務大臣は王毅に対して、「中国は大国の振る舞いを身に着けたほうがいい」と、アドリブで言うたらしいで。これ、めっちゃ有能やん。まあ中共側の失望が目に見えるけど、河野くん、なかなかやるなあ。面白うなってきましたね。

2017/08/09

危機にこそぼくらは甦る 青山繁晴

今読んでます。
危機にこそぼくらは甦る 
『危機にこそぼくらは甦る 新書版 ぼくらの真実』(扶桑社新書) 青山繁晴
です。
これは、2年半ほど前に青山さんが書きはった「ぼくらの真実」を新書版にするにあたって、書き下ろしを加えたものだそうです。ただ、その書きおこしの部分だけでも1冊になるぐらいの分量になります。青山さんは関西のテレビにも出てはったからもちろん前から知ってるけど、めっちゃ熱い人で面白いです。濃い、とゆうてもええかも知れんけど、私心がないところが好きやね。この前の国会でも元愛媛県知事の加戸さんにうまいこと質問してはったし。
で、まだ全部読んでへんねんけど、いきなり膝打ちもんの話が出てきてたので紹介します。
日本が戦争に負けてGHQに占領されてた時代、日本国内で製造されるものは「made in Japan」と書いたらあかんかったらしい。何て書くかというと、「made in occupied Japan」、つまりは「被占領国家日本製」と。ええー、そんなんウソやろうと思てたら、青山さんはちゃんと骨董屋さんでブリキでつくったバスのおもちゃの底にちゃんと「made in occupied Japan」と刻印してあるのを見つけてきはったそうです。
まあつまりは今の憲法は、「made in occupied Japan」やから、ちゃんと正しい「日本製」をつくりましょうねという話やねんけど、たしかにその通りやね。