2017/07/28

核を持たんでええんか?

私が毎日読んでるブログ「新」経世済民新聞で今日、上島嘉郎さんが「非核五原則」から11年という記事を書いてはります。
https://38news.jp/politics/10841
【以下引用】
平成18年、当時の自民党政調会長・中川昭一氏が「核を持たずに北朝鮮にどういう対抗措置ができるのか真剣に議論しなければならない」と述べたところ、その意見は与野党、マスメディアからあっという間に封殺されました。その風圧の強さに中川氏自身その後発言を自粛しました。
「国会では『非核五原則』、つまり核について『つくらず、持たず、持ち込ませず』だけでなく、『発言させず』『考えさせず』という空気が横行している」と、中川氏が嘆いたのを覚えている読者はどれほどいるでしょうか。【以上引用】
非核五原則という言葉は初めて知りました。
私も、拉致被害者は、日本が完全に普通の軍隊を持ち、核を持ち、国民に危害が及ぶと確かに推定される時はいつでも軍が出撃できる、という普通の国にならへんかぎり、奪還することはでけへんのとちゃうか?と思うてます。攻撃する意思がない限り、ひたすら、永遠に、駆け引きの材料にされるだけなんとちゃうかな?ということです。もし私が横田めぐみさんの親やったとしたら、そんなことを考えるだけでも胸が張り裂けそうになるけど、それでも世界の現実はそういうもんやろうと思います。世界は邪悪なんや!
もうええかげん、五原則の「発言させず」「考えさせず」は外さなあかんと思います。その上で、今の今でも「核保有を検討する」と言うだけで、ものごっついインパクトになるんやろうなあ、と思います。お、日本、やっと本気になったか、そしたら話すけどな、で始まる会話もあると思います。
自分の国を自分で守られへん国と、誰が軍事の話をするんや。ホンマはよ目を覚ましてほしいわ、日本人。

コメント

非公開コメント